使い方を紹介!電動歯ブラシでも使える?

ブレッシュホワイトニング関連記事

使い方で結果に違いがでることも、、

ブレッシュホワイトニングは有効成分が入っているので効果が高いと口コミでも話題の歯磨きジェルです。

歯が汚いと他人から受ける印象を悪化させてしまうことも・・・

ただし、ブレッシュホワイトニングの成分を有効活用するためには正しい使い方で使用するのが大切です。

当ページではブレッシュホワイトニングの正しい使い方、電動歯ブラシと併用しても良いのかなど詳しい使い方を徹底解説しています。

ブレッシュホワイトニングの使い方とタイミングを解説

まずはブレッシュホワイトニングの使うタイミングと基本的な使い方について説明します。

使うタイミングは基本的には食後に行ってください

ただし、コーヒーを飲んだ後など歯の黄ばみは気になるときに使うのも効果的です。

ブレッシュホワイトニングは研磨剤不使用なので毎回の歯磨きに使用していただいても問題ありません。

基本的な使い方

  1. 歯全体にブレッシュプラスをつけて磨く
  2. 磨き残しがありそうなところはピンポイントで磨く
  3. 軽くすすぐ

後の注意点のところでも記述しますが、実はうがいは軽くすすぐのがポイントです。

ブレッシュホワイトニングは電動ブラシを使っても大丈夫?

公式サイトのQ&A欄にも記載されていますが、ブレッシュホワイトニングと電動歯ブラシは併用できます。

また、ブレッシュホワイトニングには研磨剤が不使用なため、歯を傷つける心配がありません。

電動ブラシには

  • 振動式
  • 回転式
  • 音波式
  • 超音波式

などの種類やタイプがありますが、ブレッシュホワイトニングはすべてのタイプの電動歯ブラシと併用することができます。

研磨剤や発泡剤不使用だから安心

ブレッシュホワイトニングは研磨剤や発泡剤を使用していません

そのため、研磨剤にはエナメル質を傷つける危険性や歯茎に炎症を起こす可能性、発泡剤による磨き残しなどの心配がありません。

使う上での注意点

これからブレッシュホワイトニングを購入して使い始めるという方のために、使用するときに注意してほしい点を下記にまとめましたので是非参考にしてくださいね。

強く磨きすぎない

ブレッシュホワイトニングには歯を傷つけたりする研磨剤や発泡剤は含まれていません。

しかし、歯ブラシで強くこするのは絶対にNGです。

歯の表面に細かい傷がつくとステインなどの汚れが付着しやすくなってしまいます。

白い歯を目指しているのに逆にステインが付着しやすくなってしまうこともあるので必要以上に強くこするのはやめましょう。

そこまで強くこすらなくても歯の歯垢や食べカスなどをキレイにすることはできます。

それより大事なのは「磨き残しがないこと」です。磨き残しがないように気をつけて歯磨きをしましょう。

ブラッシングのあとのうがいは1回でOK

歯磨きの成分が口の中にあるといけないと思って何度もうがいしていませんか?

実はブラッシング後のうがいは「1回」でOKなんです。

というのも、ブレッシュホワイトニングには歯の保護やホワイトニングを促す成分が含まれています。何度もうがいをしてしまうとこの成分も出してしまうことになります。

全部洗い流さないためにも、うがいは「1回」までにしましょう。

継続して使い続けることが重要

ブレッシュホワイトニングに含まれるポリリン酸ナトリウムは、歯に付着した汚れとエナメル質の間に入り込むことで、こびりついて付着した歯の汚れを徐々に除去してくれます。

そのため1回の使用ですべての汚れを落としてくれるわけではありません。

ブレッシュホワイトニングを使いだしてすぐに効果がないからやめるのではなく、気長に使い続けましょう

電動歯ブラシを使う時は磨き残しに注意

電動歯ブラシは手で磨くよりも効率的に歯垢や食べカスをキレイにすることができるのがメリットです。

しかしデメリットもあり、短時間で歯の表面がツルツルになりスッキリした感覚になってしまうので、歯の間や奥歯周辺などに磨き残しができやすくなります。

電動歯ブラシであっても磨き残しやすい部分は入念にケアをしましょう。歯並びが悪い方も念入りにケアが必要です。

まとめ

いかがだったでしょうか。

ブレッシュホワイトニングは簡単に歯のケアを行うことができます。電動ブラシが使えるという点もいいですよね。

気になっている方は是非試してみてくださいね。

実際に使ってみて感じたブレッシュホワイトニングの効果やリアルな口コミは下記のページで紹介しています。気になる方はぜひチェックしてみて下さい。

ブレッシュホワイトニングの効果と口コミ

タイトルとURLをコピーしました